税理士の転職のキャリアアップで手っ取り早いのは開業

  • 税理士事務所勤務で転職の注意点

    • 税理士事務所で働いている人は、全員が資格を持っているわけではありません。



      資格がなければいけないのは所長で、職員は補助者という身分で業務にたずさわることができます。



      税理士のような”士”が付く職業は、その文字にちなんで”サムライ”業と呼ぶことがあり、代表的なものは弁護士や公認会計士などがあります。


      これらの業種の特徴は、一般の会社のように社長が変わってもそのまま継続することはなく、あくまで資格を持つ所長自身が関与先と顧問契約を結び、個人の資格と責任において業務を行っていることです。



      税理士の事務所のことを会計事務所と呼びますが、会計事務所では、さまざまな業種の顧問先の経理や税務に携わるため、一つの会社の経理部に属するよりも幅広い経験と知識を学ぶことができます。



      その反面、会計事務所が見ているのは、会計帳簿や書類を事後的に見ているので、リアルタイムに業務を体感することができるのは、一般企業の経理部勤務です。



      しかし、会計事務所勤務の幅広い知識と経験は、一般企業への転職の際に履歴書に書くと高い評価を受けることができます。



      税理士は、個人の資格と責任において仕事をしており、税理士会に所属しています。

      会の規則で会計事務所から会計事務所に転職する場合、情報を預かる関与先への信頼を守るためにも、所長同士の許可がないと転職ができないことになっています。


      そのため、会計事務所から転職する場合は、同業他社にこだわらず、その知識と経験を活かせる職場を幅広く検討するのも有効です。

  • 関連リンク