税理士の転職のキャリアアップで手っ取り早いのは開業

  • 税理士へ転職する際に必要なスキル。

    • 転職は人それぞれ様々な理由が背景にあります。



      しかし、その後の人生を大きく左右することには間違いなく、慎重に考えて準備をするべきです。


      転職先で注目を集めている職種の中に「士業」というのがあります。



      専門的な知識を持ち、あらゆる分野のエキスパートとして世間では認識されます。

      そんな「士業」の中でも行政書士や弁護士、司法書士や不動産鑑定士等法律を扱うような職種は独立して自分の事務所を持つこともできるので、本人の腕次第では将来的な面で非常に明るい職種です。



      そんな「士業」の中で税理士に着目したいと思います。



      まず勤務先である税理士事務所は、基本的に少人数で活動されており、求められる人材は即戦力になれる人を求められます。
      従って、転職を考える際は税理士の資格があると心強いです。

      また転職先が会計事務所やとある企業の財務や経理などの部署になる場合にも対応できるように、税理士としての知識だけでなく、会計のスキルや経験、知識を持っておくことも重要です。そして気になる税理士の資格の難易度ですが、国家試験だけあり、やはり相当勉強しないと受からないです。しかし、公認会計士程は難しくはなく、仕事に従事しながらでもコツコツ勉強を重ねていったら手の届かないようなレベルでは無いです。



      会計に関する知識は様々なところで活きてきます。
      私生活でも社内でも見える世界が広がり、自らの生活に跳ね返ってきます。



      空いた時間に少しでも勉強してると、今後の進路を考える際、間違いなく良い方向に動くので転職をお考えの方、今から頑張ってみましょう。

  • 関連リンク

    • 実力を試しながら働きたいと考えたときに、実力主義の事務所に税理士の転職をすることで、能力を試しながら働けるようになってきます。年功序列や経験年数によって給与が決まってくる場合、安心して働ける環境を手に入れることはできますが、やりがいを十分に感じることが出来なくなってしまいます。...

    • 税理士の果たす役割は、今後ますます重要になっていくことが予想されます。その理由としては、会社を興す人の数が増えていることが挙げられます。...